2014/06/15

お菓子作り教室!

本日は石巻に小嶋ルミ先生が来てくれました!

 

お菓子作り教室を開催してくれるという事で以前よりお話をいただいており、

かぎかっこの高校生も参加してくれました!!

 

ルミ先生は「レシピではお菓子作りの本質は伝えられない」

という強い情熱を持っているお方で、お菓子作りの基本を丁寧に教えてくださいました!!

 

かぎかっこのメンバーたちも合計8名参加し、

みんなでゴマプリンとパンケーキ、クッキーの作り方を教わりました。

 

先生は、普段やっている事に一手間加えたり、ちょっとした工夫をしたりするだけで、

お菓子の味が劇的に変わることを教えてくれました。

 

下はパンケーキを作っている時の様子。

 

ルミ先生の事を知っている高校生もいたので、テンションもあがっていた様子(笑)

今後もまた石巻に来る機会があったらお菓子作り教室を開いてくれるみたいなので、

また次回を楽しみにしたいと思います☆

 

大満足の一日でした!

 

 

2014/05/27

AKB48がいしのまきカフェ「 」に来てくれました!

こんにちは!みっちゃんです。

 

5月18日のことについて書きたいと思います。

この日は営業前から市役所の外にまで行列ができていました!

小学生くらいの子どもから大人まで、たくさんのお客さんが来てくれました。

AKB48のメンバーで来てくれたのは、

横山由依さん

峯岸みなみさん

大家志津香さん

大和田南那さん

向井地美音さん

茂木忍さん

の6名です。

 

みなさんには接客と、カフェで出す新ドリンク作りをしていただきました。

 

新ドリンク作りにはかぎかっこで提供している5色のソーダで使用しているシロップとソーダを使いました。

 

色々試した結果、4種類の新ドリンクができあがりました!

 

※営業終了後、黒板にメッセージをいただきました。

カフェにあるのでご覧になりたい方はぜひカフェに足を運んでいただければと思います。

 

 

みっちゃん

2014/04/14

募金活動とNHKの生放送出演について(パパス)

こんにちは、パパスです!!!!
3月8日、9日におじょー、ゆんちゃん、自分、ふーびー店長の四人で東京へ行ってきました(*´∀`)♪

 

8日は日本財団さんの募金活動に参加させていただきました!

今まで自分達が募金を呼び掛ける方になったことがなかったので、どのように見えるかとても興味がありました。
全ての人に思いを伝えることは出来ないけど、募金をしていただいた方々と直接お話出来るのが街頭募金の良さなのかもしれませんね!

9日はNHKさんの「東北発、未来塾」に出演させていただきました!
テレビ放送…
しかも生放送……
ビビりすぎで一周して落ち着いていました(笑)

自分達の思いを、テレビを通して少しでも伝えられていたら嬉しいです\(^o^)/

なかなか出来ない体験をさせていただいたことに感謝です!
私を含めて多くのスタッフが高校を卒業し新体制となるかぎかっこをこれからもよろしくお願いしますm(__)m

2014/04/14

逗子の高校生との交流(おじょー)

3/20~22まで逗子のイベントに行って現地の高校生と交流をしてきました\( ˆoˆ )/
逗子の高校生×「」=逗子「」素敵です♡

営業は2日間!

カフェでも実際にお出しているソフトドリンク3種類を↓↓↓
夕日Z、初恋Z、青春Zというスペシャルネームでお出ししました( ‘ω’)

それからくじら缶とくじら缶を使ったくじらサンドも!
石巻は捕鯨の町として有名で鯨を食べるのは普通だと思ってました!

でも、「鯨!?」だとか、
「鯨って食べれるの!?」
っていう反応が多くて……
正直びっくりしました(-ω-;)

でも、この2日間の営業を通して「」のこと、鯨のおいしさ!
は伝わったのではないか!と

思えるほどお客さんや、逗子の
高校生と交流できたと思います\( ˆˆ )♡

貴重な体験でした!

2014/04/07

卒業生の声

こんにちは、大人スタッフのしーちゃんです。
実はこの間、かぎかっこのガイドブック作成のため、
卒業生のインタビューにいってきました。

いやーーーーー
立派に成長して、でもまだまだがむしゃらで、
愛おしくて、カメラを持つ手が震えましたよ!!

ガイドブックに掲載しているインタビューなのですが、
こちらでもぜひ紹介したく、綴っております。
ぜひ、どうぞ。

かぎかっこのガイドブックPDFはコチラ


練習も本番も、「100%で当たり前」。
山本 尭也  /  消防職員  /  宮城 石巻広域消防本部

かぎかっこは、社会で必要なことの「失敗」ができる場所でした。
例えば、今の職場でで教官に教わった「100%で当たり前」という言葉があります。
当時、私は商品開発チームでしたが、自分たちがつくるものでお金をもらう以上、
そこに妥協があってはなりません。
100%の姿勢で失敗を繰り返し、100%の状態を目指す。
どの仕事もそうですが、私の職業は「100%で当たり前」が特に言えます。

また、かぎかっこの活動は団結力が大切。消防士も「隊」で動きます。
個々が強いだけや、全員が同じ視点しか持てない状態では、人の命は守れません。
でも私は、次の可能性が見えるのが「失敗」だと考えます。
高校生活で何度も「失敗」を繰り返せたことが、
今の力につながっていると思います。

今、かぎかっこの近況は、在校生から直接耳に入ってきますが、
いつかまちの人の噂話で知れたら、それほど嬉しいことはないなぁ。

 

OBじゃなく、今度は大人スタッフとして。
須田 郁海 / 専門学生  /  宮城調理製菓専門学校

調理の学校に在籍していますが、実はかぎかっこが初のキッチン経験。
活動を経て、客観的な視点を持ちつつも自分の「軸」を貫けるようになりました。
今の学校を選んだのは、ここならかぎかっこに還元できると思ったから。
調理の道に興味を示した後輩がいたら話もできますし。

将来は和食に進みたいです。歴史や文化、器の選び方、季節感が好きで。
就職先でも、そこがどんな軸を持つのか見極めたい。
…いや、でもかぎかっこへの就職もいいな。
もしくは新しいかぎかっこを立ち上げるとか。
造形に行ったOBや建築デザイナーを目指す後輩が設計して、
私が商品開発やマネジメントを支えて、事務所も構えて雇用も生んで、
ほら、高校生が卒業後そのまま就職もできるじゃないですか。
面白いですよ、間違いなく。

学歴なんて関係ない。自分が信じたものを貫いても
充実した人生が送れることを、未来の若者に証明したいです。

 

かつての自分世代へ、今度はつなげる側になる。
杉本 昂太  /  大学生  /  京都造形芸術大学 芸術学部

夢は、カフェを開くことでした。かぎかっこに入った理由です。
付いた力は行動力。どこへでも行き、どんなことでもやろう、と。
今、農家でバイトしてるんですが、稼いだお金は経験に費やすのが好きです。
一生壊れない「無形の財産」に使いたい。

関西への進学理由は、大学に魅力的な教授がいたことと、
かぎかっこの大人スタッフとの出会いです。大阪拠点の人が多く、
デザイン・料理・教育・福祉など様々な分野で活動していて、
そのお手伝いもしています。

最近興味があるのは次世代の教育。友達とチームを立ち上げ、
子ども対象のワークショップも計画中。
バイト先に相談して、収穫を一緒にしたり生産者と触れ合ったり…
今は自分がつなげてもらうばかりですが、いずれはつなげる側になりたい。
だから今、将来の夢はカフェを「開くこと」ではありません。
自分がつくるカフェに何をプラスαするか…
そこを掴むため、日々動き続けています。

 

自分が持つ力を、もっとまちの力にしたい。
鈴木 亜紀  /  公務員  /  宮城県庁 経済商工観光総務課

高校時代、周りの仲間は服飾、造形など学びたいものが明確でしたが、
私はそういった専攻したいものがなくて。でも復興に向けて、
このまちのために何か!という想いが膨らみ、
かぎかっこへの参加や、その先の就職を選びました。

今、かぎかっこといえば?と聞かれれば、「元気」「希望」などと答えられます。
それがこの先、「希望…といえばかぎかっこ」のように、
この場所がそういった言葉の代名詞になればいいなぁと思っています。

社会に出て、気づいたことがあります。
自分がこれまでなんでもできていたのは、周りに背中を押されていたから。
「思い切ってやってみなよ」という仲間がいてはじめて動いていたんだと。

まだまだ私は、社会での使命を掴んでいません。もっとまちの力になりたい。
まだ具体的ではないですが、自分の力を活かし、
震災を後世に語り継ぎ、本当の復興に向けてアクションしたいです。

2014/04/05

募金活動とNHKの生放送出演について(ゆんちゃん)

〜1日目〜
新宿駅の前で日本財団の方と一緒に東日本大震災の募金活動に参加しました。
「 」のパネルも用意されており、興味を示す人もたくさんいて嬉しかったです。
私自身、募金活動というものを初めて体験し、人の優しさにたくさん触れて本当に心から感謝しています!

今回、募金してくださった皆様本当にありがとうございます!!

 

 

〜2日目〜
渋谷のNHKにて他の参加者と会い、自分達の活動を紹介しあい和気あいあいとした雰囲気で皆さんと仲良くなれました。
「 」と交流のある人だったり、初めての人だったり色んな人と交流するのがとても楽しく有意義な時間でした。
リハーサルから緊張しまくりで手汗が半端無かったです。
本番では突然話しかけられて驚くこともありましたが「 」の紹介、高校生の勧誘が出来て良かったです。
テレビを見て興味が湧いた方はぜひ「 」へ!!

 

2014/02/23

みんなの夢AWARDレポート(まーちゃん)

こんにちは!まーちゃんです( ^ω^ )

 

今回は、ついこの間行われた

みんなの夢AWARD4について書きます!

 

今年の夢AWARDは、去年とは違いトークショーという形でした。

私たちのトークショーを盛り上げてくれたのは、

あの!お笑い芸人の!しずるさんでした!✧❝ཻ͋≀ˍ ̗❝ཻ͋˶

 

打ち合わせの時の村上さんの声が、

めちゃめちゃカッスカスの声でビビりました(((ꏿ ्ꏿ;)))(((ꏿ ्ꏿ;)))笑

 

今回は、ハウス食品さんと共同開発して、

約1年かけて作り上げたレトルトカレーを初お披露目しました!

それがこれです!

 

 

 

2人前入って1200円になります!

 

トークショー始まるまで本当に緊張がやばかった(꒪ȏ꒪)(꒪ȏ꒪)

足がガクガクでした。

 

トークショーは、しずるの2人が盛り上げてくれたおかげで、やりやすかったです!

 

 

トークショー後、店頭販売をしました!

本当にたくさんの方々が買いにきてくれてに嬉しかったです♡

ありがとうございます!(❁´◡`❁)

 

『トークショーお疲れさま!』

『すごかったよ!頑張ってね!』

『応援してるからね!』などたくさんの

応援メッセージをいただきました!

 

 

私は去年、今年と2回も夢AWARDに

出させてもらいました。

貴重な体験を2回もやらせてもらえた事に、本当に感謝しています。

 

去年、今年と多くの事を学ばせてもらいました。

今後は、この経験を自分の自信に変えていきたいと思います。

 

この機会を与えてくれたみなさん、

レトルトカレーを買って下さったお客様

 

本当に本当にありがとうございます。

 

 

 

まーちゃん。

 

2014/02/23

みんなの夢AWARDレポート(しろー)

こんちわ! しろーです!!

 

夢AWARDいってきましたよ〜

すっごい人いたし、会場も大きかったけど

たくさんのいい出会いもあったし、

たくさんの応援の声とかももらえたし、

最高の時間を過ごすことができました!

 

 

このブログに書く事は、嘘のようで信じられない出来事ばかりかもしれない。

けど、それは本当に体験した私の物語なんです。

 

それでは読者のみなさん、この物語をごゆっくりお読みください・・・。

 

 

 

※  嘘のようで信じられない物語なんて体験してないのでご安心ください.(笑)

 

 

====================

 

「ここでまーちゃんから自己紹介して・・・。」

 

夢AWARD前日、参加する3人まーちゃん、こんちゃん、しろーで打ち合わせしていた。

明日はもう絶対立つことないであろう日本武道館で、プレゼンがある。

(詳しい説明はみなさんご存知だと信じて省略しよう。

https://www.miraimeishi.net/award/index.php

 

打ち合わせの他に、夢アワードにむけての準備が着々と行われていた。

12月の後半のころ新しく入ったはましょーと

料理研究家の堀田さんが鯛とさんまのぬいぐるみを作っていたり、

パパスが会場でつくるブースの準備などそれぞれが明日に向けての準備をしている。

 

緊張していたわけではなかった。いや、実感がなかったんだと思う。

 

だって今まで普通の高校生だった自分が

明日大きな舞台でプレゼンするんだって思ってもぶっ飛びすぎて実感がわかないっしょ。

 

「この鯛、みてくださいよ! 完璧じゃないっすか!」

はましょーがそんなことをいいながら得意気に作った鯛を見せてくる。

 

 

その鯛がこれだー、1・2・3

 

 

 

 

モデルはこんちゃん、ぶら下がってるのが鯛。

なかなかいい仕事してくれるじゃないか。

(きっとバレンタインはいい日になるよはましょー。※準備していた日は2月13日)

 

 

そしてこの日、実はカフェのなかで夢AWARDに行きたいっていっていた5人がそろっていたんだ。

こんちゃんが前に書いてた通り、

カフェの中でプレゼンして投票をしていくメンバーを決めたのだけれど、

そこでいけなかったメンバーもこうやって背中を押してくれて手伝ってくれてる。

こんなに心強いことはないと思う。

ありがとう。ありっぴ、パパス。

 

その日の夜はそんなことを考えていたのを覚えてる。

 

 

 

そして夜が開けて、

時間は6:30

カフェでダンボールに詰めた荷物を持って、駅に向かう。

まーちゃんはこの日テストがあるため、遅れてくることになっていた。

やっぱり実感はなかったけど、

前日にみんなが準備をしてくれた荷物をみて

実感を少しずつわいてきた。

 

「あぁ、今日なんだ。」

 

 

発表まで残り14時間

 

 

行きの新幹線ではこんちゃんと打ち合わせ。

寝坊したくないから朝まで寝ないで起きてたというこんちゃん。

 

「朝は待つものだよ」

 

名言いただきました。

そして、そんなこんちゃんよりも先に新幹線で寝てしまった自分。

なんせ成長期ですから。

 

 

 

日本武道館到着。

でっかいっすねー。

こんちゃんとやべぇなー!と言い合ってた時に、大人スタッフのかんちゃんから一言。

「あんなんでっかい体育館や。お客さんみんなバスケットボールだと思えばええねん。」

まぁ、今振り返ると緊張をほぐすためだったんだろうけど、

そのとき気持ちが高ぶっていた俺らは、

「そんなんじゃないでしょ!」とかめっちゃいってしまってた(笑)

それだけ興奮してたのかも。

 

そのときの写真。

 

 

 

 

 

そのときの俺は,懐かしいような緊張感と共に、

大きな目の前の体育館を眺めていたんだ。

 

 

 

発表まで残り9時間

 

 

 

 

それからごはんを食べて、控え室に向かう。

 

楽屋の扉には<いしのまきカフェ「 」様>の張り紙が!!

なんかちょっと感動したなぁ

 

入ってすぐにリハーサル。

まーちゃんが遅れてくるため、こんちゃんと2人。

はいりがまーちゃんのため、流れだけを理解する感じになり、

最後に演出家の方から、

「高校生元気かー!」

「元気ですー!!!」

「おー!もっと元気にいこうな!!」

 

もちろんっす。本番はMGK(マジで元気な高校生)でいきますよ。

 

 

 

 

そしてブースの準備。

高校生が3人しかいないため、大人スタッフが販売、準備を手伝ってくれます。

なにもなかったところがもってきたもので装飾するといい感じのお店に!!

 

 

 

 

そしてこれができあがったレトルトカレー!

 

 

 

 

けっこうでかい(笑)

二人前ですからね。

だれかとあたたかい会話でもしながら食べてくださいね。

 

 

発表は20:15くらいから。まだまだ時間がある。

入場開始からもう売り始めていいとのことなので、チラシを配りながらカレーをPRすることにした。

西口の入り口だったため、入ってきた人にすぐ見てもらえる!って思ってた。

 

入場開始。一番最初にはいってきたのは人ではなく冷気。

 

東京はこんなに冷えるんですね。

東京どうせあったかいとかね、思ってましたよ。

すいませんでした。

 

 

でもたくさんチラシもらっていただけたし、

通ってくれた人が、「あ!いしのまきカフェじゃん!」

とか「去年見ました頑張ってください!」など、おっしゃっていただいてほんとにうれしかった。

 

他にも東京の高校生が興味をもって話しかけてくれたり、

活動内容とかいろいろきいてくださいました。

こうやって繋がれるってうれしいなって思った。

 

 

あ、あと、「 」卒業生のマッチョさんがきてくれたんです。

やっぱりうれしいですよね、こうやって卒業生がきてくれると。

感謝です。

 

 

そして16:40頃

まーちゃん到着。

いろいろ不具合が起きて予定時間よりだいぶ遅く到着。

17:00過ぎから一緒に出演するしずるのお二人と打ち合わせ。

 

打ち合わせでは、ばーっと流れを説明してすぐ終わりました。

しずるの村上さんはイケメンだなって思いました。

池田さんは想像通りな感じでした。

 

 

打ち合わせが終わって、3人で打ち合わせして、

あとは待つのみとなりました。

 

不安な気持ちはたしかにあったけど、

けどノリノリだったです。

 

やる気しかなかったっていうか

いける!どうにかなる!

そんな感じでした。

 

発表の時間はあまり長くはないけれど、

なんていうか、それでもたくさんの想いがつまってるんだ

そんな想いが待ち時間で自分の中にあった。

 

 

そして本番。

舞台裏で上げたテンションと共に、いざステージへ!

 

 

発表は盛り上がったそうです。

お客さんの反応は、ステージからみてると、声とかざわつきとかなかなかわからないものでした。

 

最後に言いたい事もいえました。

 

成功しました。

 

 

伝えることは一瞬。

けど、それまでの過程にはたくさんの想いがあります。

正直この発表で、全部を伝えるのは無理だ、そんなのわかってます。

この発表ですこしでも興味をもってもらって、いしのまきカフェ「 」に興味をもってそれからいろいろ知ってもらえてたらなって思ってました。

 

そうしてすぐにブースに戻ってレトルトカレーの販売をしたんです。

そしたらびっくりだ。

会場から出てきた人がめっちゃ買いにきてくれたんです。

しかも買ってくれただけじゃなくて、

 

「がんばってください!」とか、

「今度絶対いきます!」とか、

「最高っす!!」とか、

いっぱい応援メッセージくれたんです。

すっごいうれしかった。

みんなにあわせる顔ができたとか思ってた(笑)

最高でした!

 

===============

なんだろう、文章だけじゃ伝えられない(笑)

ほんとによかったです。

 

 

これで夢アワードでの物語はおしまい。

長かったでしょう。

見てくださり感謝です。

 

 

いってよかったと心の底から思えました。

 

最後に・・・。

感謝、これを忘れちゃいけない。

それが今回大きく体験したことです。

 

 

 

 

明日、誰かに会えることに感謝。

2014/02/20

高校生メンバー 大募集中!

新・高校1年生のみなさん、入学おめでとうございます!
高校2年生、3年生のみなさん、進級おめでとうございます!!

学校生活、部活にバイト、高校生活はいろんな過ごし方がありますが、
いしのまきカフェ「 」で、カフェづくりはいかがでしょう?!!
普通に過ごしてるだけじゃなかなかできないこと、
知らない世界など、ワクワクをいっぱい経験できます。

「カフェづくり」と言っても、商品開発や営業だけではありません。
イベントをつくったり、店内の空間装飾をつくったり、
メンバーと合宿でBBQしたり、県外へ研修の旅に出たり…

一生ものの仲間たちと一丸となって、
いろんなものを「ゼロから」自由に生んでいく中で
石巻の魅力を発掘したり、まちや人のためになったり。
将来、おとなになっても役立つような、様々な力も身につきます。
もちろん、高校生活一番の思い出になること間違いなし。

「なんかわからないけど、楽しそうだな〜」
その気持ちだけでもOKです。ぜひ、遊びにきてください!
ご質問や説明会、1日体験も受け付けています(∩´∀`)∩
cafe@doorwaytosmiles.jp もしくは、0225-23-9371 まで、
いつでもご連絡くださいね!


【高校生メンバー 募集概要】
募集対象 石巻に住む or 石巻の学校に通う高校生
活動場所 (主に)いしのまきカフェ「 」
ーーーーー宮城県石巻市穀町14-1 石巻市役所1F エスタ内
参加費用 無料!(交通費支給いたします)
備  考 営業での売上は、全て高校生の活動資金に使用。
ーーーーー活用方法は高校生で決めていきます。
募集期間 ずーっと募集中!いつでもご連絡下さい。


【具体的にどんなことするの?】
[日々の営業]

学校がお休みの土日祝日に、カフェの営業を行います。とは言え、単なる職業体験でもバイトでもありません。営業は、「こんなことやりたいな」を見つけていく場所でもあり、「こんなことやりたいな」を実現したときの発表の場所でもあるのです。

[ワークショップ]

月1〜2回は営業をおやすみし、大人スタッフや専門家によるさまざまな活動(ワークショップ)を行います。どんな内容かは、高校生メンバーの声をもとに、大人スタッフがコーディネート。時にはゲストを呼んだり、外に研修を受けに行くことも。

[部活動]

カフェでは学校のように「部活動」と呼ばれる活動もあります。商品部、空間部、広報部、そして生徒会の4つ。チームが連携しあって、カフェづくりを行います。

[イベント]

自分たちが主催でパーティを開いたり、地元のイベントに出店したり。長期休暇の際には、東京や大阪に出張(!)して、期間限定の支店を開いたり!どんなイベント内容にするかも、ゼロから生み出していきますよ。

[交流会]

全国各地から訪れる、さまざまな高校生世代と月1回ほど意見交換をしたり、カフェを一緒に営業したり。時には、それぞれの特産物を使い、いっしょに商品開発をし、それがお店のメニューになったりもします!


【どんな人たちがいるの?】

メンバーはとにかく個性豊かな人たち揃い!
でも、新学期になって、卒業していったメンバーがほとんどなので、
今、かぎかっこは、新たなスタート地点に立っています。
ぜひ、みなさんの手で、この場所を自由につくっていって下さい!!
やりたいこと実現までの道のりは、
ユニークな大人スタッフや専門家がサポートします。


【卒業後はどんなことに役立つの?】

実はこのあいだ、卒業生にインタビューに行ってきました。
カフェで学んだこと、今役立っていること、これからの目標などなど。
ぜひ、読んでみてください!

▶卒業生へのインタビューはこちら!


【最後に。】

かぎかっこの活動は、決して「ただのアソビ」ではありません。
でも、「アソビゴコロ」は絶対に忘れずに、
むしろ「アソビゴコロ」を一番大切に、取り組んでいます。

かぎかっこの活動は、自分が育ったまちの「素敵」にたくさん出会えます。
石巻の好きなところが、10個言えるようになります。
石巻の「こんな素敵な人がいるよ」を、100人言えるようになります。

かぎかっこの活動は、「今この瞬間」だけではありません。
今はもちろん、大人になってもずっと役立つものになります。
自分や仲間のためはもちろん、まちのためにずっと続いていくものを生み出します。

長くなりましたが、
「ちょっといってみようかな…」という気持ちになってもらえたら嬉しいです^^
スポーツ男子も、人見知りさんも、受験生も、生徒会長も、文学少女も大歓迎!

高校生メンバーへの申し込みや、ご質問は、お気軽に
cafe@doorwaytosmiles.jp まで(●^^●)
〆切はありません、いつでも待ってまーす!!

2014/02/17

みんなの夢AWARDレポート(こんちゃん)

 

 

こんばんは、こんちゃんです(^^)

今日は2月13日に行われたみんなの夢アワード4でのかぎかっこ活動報告をしたいと思います。

 

 

 

私たちは昨年、特別ファイナリストとしてこのみんなの夢AWARDに参加させていただきました。

そこでかぎかっこからは4人の高校生メンバーが出場し、私たちの夢を熱弁してくれました。

私たちの夢は石巻の人々を元気にするため、石巻の魅力を全面に押し出したカレーという商品を全国販売すること。

この夢に賛同してくれた協賛企業はなんと出場者の中でも最多の9社!!!

その中でもカレーの開発にはハウス食品さんにアドバイスなどの協力を頂きました。

 

開発期間の1年は「どんなカレーにするか?」「石巻の魅力って何だろう?」「コンセプトは?」等々、

商品開発の進め方をハウス食品の方から学びつつ、高校生主体での活動をしていました。

そしてたどり着いたカレーがこちら!

 

 

 

 

このカレーが本当に美味しいんですよ。冗談抜きで。

こちらは2人前入って1200円!

復興応援価格ということでちょっとお高めなんですが、とってもとっても美味しいです♡

 

 

そしてこの自信作のカレーを今年の夢AWARDでお披露目することに…!

 

 

 

やっぱり舞台立つって大変…

緊張こそしなかったけど、すごいことしてる、自分怖いと思いました(笑)

発表も私たちなりの個性で、言葉で、会場のみなさんに伝えられたかなと感じています。

 

 

発表が終わったあとはブースでのレトルトカレー販売!

 

 

 

私たちのプレゼンを見てくださった色々な方がブースまで足を運んで買ってくださいました。

ブースの前には長蛇の列。

お買い上げ頂いた際には多くの方に暖かい応援の言葉を掛けてもらって、とてもとても感動しました。

私は笑うことが苦手だけど、このときは自然と笑顔で「ありがとうございます!」って言えた。

人って、やっぱりあったかい。

 

 

今回の夢AWARDでの経験は、今後の学生生活、自分の人生の大きな糧になったと思います。

高校生で武道館の舞台に立てるなんて…思ってもみなかった。

本当に、本当に、ありがとうみんな。

 

 

 

 

こんちゃん

 

 .